トップに戻る

2018.04.17

コラム

ティーツーケーのWMS「So-COLE. ソーコレ」のご紹介です。

WMSとは、「倉庫管理システム」の事で、出荷代行というティーツーケー倉庫の場合、もちろんお客様と共有する形になります。

お客様は、まずSo-COLE.にデータをアップロード、あるいは直接入力していただきます。

アップロードするcsvは、もちろん楽天、Yahooなどのモールから直接書き出されるレイアウトに対応しておりますし、カスタマイズも出来ますので、お客様ごとに受注管理システムが違う場合にもフレキシブルに対応できます。

アップロードされたデータをもとに、弊社倉庫内で作業が始まります。

出荷とともに、アップロードされたデータに問い合わせ番号が振られます。

問い合わせ番号はもちろん一括書き出しができますので、各モールへの出荷完了作業もすぐに行えます。

また書き出すcsvのレイアウトもカスタマイズできます。

So-COLE.があることで、お客様と倉庫内の共有が簡単に行うことができます。

 

So-COLE.はまだまだ進化します。

今はまだ始まったばかりのシステムですが、今後は、倉庫内の各端末と連携し、極めてリアルタイムな情報共有を行うことで、キャンセル、変更などの処理可能のタイミングを細かくすることで、サービス向上をお手伝いいたします。

さらに、スタッフの勤怠管理やランクアップ制度と連携することで、スタッフのさらなる意識の向上にも役立てる予定です。

 

今後ともSo-COLE.とティーツーケーの出荷代行をよろしくお願いいたします。